LINK
中古車の買取金額を可能な限り上乗せするには、、中古車を売却する時期タイミングなども影響があります。所有する車を少しでも無駄なく売ることを前提とすれば、注意点があるんです。中古車の売却額査定の留意点として重視されるところに走行距離があります。少なからず走行距離というのは、自動車の耐用年数とみなされる場合もありますので走行距離というのは長いとそれだけ売却額査定の際にはマイナス面とされます。走行している距離が100キロと7万キロでは当然、自動車の売買金額は変わってきます。通常は走行距離というのは短いとそれだけ中古車の買取額は上がりますが、実際のところあまり細かい判断基準はないため、一定の目安で査定が行われます。例えば普通車だと年間標準走行距離10000キロを基準として10000km以上走っていると多くの場合マイナス査定になるのです。軽自動車の場合年間8千kmがまた年式が古い割に走っている距離が非常に少ないとしても、売却額が上がるとは限りません。通常は年式・走行距離についての売却額査定の留意点は年数と比べて適正な走行距離であるかというところです。自家用車も例外ではありません。そしてその車の年式も自動車査定の小さくない要点です。しっかりと理解しているという方も多いだと考えていますが、一般的には年式については最近であるほど査定では高評価が出やすいのですが例外的にそのシリーズにプレミアが付いている車種は、古い年式でも高く見積してもらえることもあります。次に車検です。もちろん車検にはお金が掛かっている分車検までの時間が長いほど売却額は上がると勘違いするかも知れませんが、実際、車検直前でも直後でも車の査定額にはほとんど影響がありません。軽自動車、低公害ディーゼルエンジン搭載車、傷がある車、といったような中古車のコンディションや形式も買取査定に関係を与えます。車検に出す前は売り時としてもちょうど良いということです。つまり、見積額を高額にするために、車検直後に買取査定に出そうと考えるのはナンセンスで、ほとんど査定に響かないということです。他にも業者に車を売却する好機として2月と8月が狙い目と言われている時期です。というのも自動車買取業者の決算期が3月と9月のところが多いためです。そのため例えば、1月に売るよりはあとちょっと待って2月に車の買取査定をお願いして引き取ってもらうのも手です。所有者事情もあると思いますので、ひとまとめにしてタイミングで売りに出すわけにもいかないかもしれませんができるだけこういった時期に売りに出すのが良い結果になりやすいと思います。