LINK
自動車を持っている方でしたら知っているはずですが、自動車税なるものが課税されます。そしてこの税金は手放す自動車の売却時に当然のように還ってくるものなのです。こういったことは実行すると簡単に覚えられますが、これから最初から流れを簡単に案内していきます。一応記載するならば、日本で作られているクルマのみが対象ではなく外車等も税金が還付されることになっています。もちろん所有車などもそうです。自動車税という税金は車の所有者が払わなければいけないものなのですがこれは自動車の排気量により決定されます。1リッターより低いのであれば29500円1リッターから1.5リッター以下までが34500円。これからは500cc刻みで5000円増えます。またこの税は4月1日の時点の所有者が、以後一年分のお金を納めるように定められています。ということは事前納付になるということですから勿論愛車を買取してもらって所有権がなくなった場合には先払いした分の自動車税は返還されるというわけです。この自動車税というのは先払いで今年度の税額を納めるから、その翌年3月までの間に車を売却した場合には、買い取った所有者がこの税を支払わなければいけないのです。買取先が買取専門店ならば売却した際に自分が前払いしている分のお金を返金してもらえます。所有者でなくなった際からの税は新たな所有権を持った人が支払い義務を負います。例えばあなたが10月の間に車を売却した場合は11月から翌年3月中までの払ったお金は返還されます。それは繰り返しになりますが自動車税の場合は先払いであるということからも明らかです。ということはあなたは売却相手に税を返してもらうということなのです。個人的に車を売却するときに、意外にこのような大切な知識に気付かない方がいますため、きっちり確認するようにしましょう。自動車税が自動車を手放すと返金されるという事実を意外と知らない人が多い事を利用して、その事実を悪用する悪徳業者もあります。自分から自動車税の返金に関しての話をしなければ全然そのことに説明しないということもしばしば聞きます。ですから自動車の買取をする場合は払いすぎた税金が返ってくることを確認することをおろそかにしないようにしましょう。